上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
偶然にも私の大好きな方々の作品が続いてデイジーさんは幸せです。
普段上手く言えないのであんまり感想つけないんですけど
今回ちょっとだけがんばってみます。>< 


いつもながら”音”のセンスが素晴らしくて。
今回その個性的な”響き”がかなり楽しめるんじゃないかと思います。
そして動画終了後の後半の曲構成が、鳥肌が立つくらい素晴らしいので
ぜひこちらのフル版エメオラ -Blindness-もお勧めしたいです。
そしてやっぱりレイターPの書く詩は良い。。


takeさんのまるで磁石かのように吸い込まれるサウンドと個性が健在です。
心惹かれる響きです。


ラウド版いたちまさん。ラウドシリーズ素敵すぎる。
このギターの重さと疾走感が相まって心地よいです。


藤代叶さんとmayaさん。
大好きな叶さんの人間味溢れる部分が詩にもサウンドにも
見事に表れていてその凄さにひたすら聴き入ってました。


あとこちらも一緒に紹介を。

Roe。sixty-six-elevenさんのサウンドは沁みますね。。


こちらはRoeのアルバム。
ずっと楽しみにしてました。


どの曲もどこかせつなくなるんですよね。染み入る。。
いつも素敵な作品を聴かせてくださってありがとうございます。




そういえば上の記事を書いていてふと。
音楽からいろんなものを感じるのが好きです。
色であったり光や風であったりエネルギーや作り手さんの想いであったり。

実は今までボカロのジャンルで2曲、聴いていて号泣したことがあります。
じわじわとかポロッとかはしょっちゅうなんですけれど
これはもう自分でもビックリしたくらい突然ぶわっと。

一曲は「from Y to Y」。あの後半の所で一気に。
歌詞と同じような経験をしたとかそういう訳ではないんですけど
作り手さんの強い想いにシンクロしたのか強烈に胸に響いてきました。凄い。。

もう一曲は「夢見の丘」。これは何処から泣いていたのかわかりません><
この曲どこをとっても素晴らしくて、凄いエネルギーを発していて。。
ちょっとアレな話なんですけど、私の中の戦火の記憶や土地の記憶や
何か色んな部分とシンクロしてしまって・・私気付けば戦場でした。
仲間の存在とかもう・・これは泣くでしょ。

ちょっとコレには後日談があるんですけど結構怪しいので・・。
8月にでもそういうのまとめて書こうかな。。
じゃあ8月はオカルト月間ということで!\(^o^)/

何が書きたかったのかというと
音楽の持つパワーは凄いってことですね。大好き!


[ 2010.06.03 | 音楽 | コメント: 0 | PageTop↑ ]

秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。