上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
うん、なんか眠れないのでつぶやきでも。


コラボが終って見事にボーっとしています。
それでも描きたいなと思う風景だけはどうやら降ってくるので
そういうものは必ずラフでも起こして残しているんですが、
完成まで持っていくパワーがまだまだ足らないみたいです。

元々描ける時は一気に描けるし、描けない時は全く描けない自分です。
なので描ける時期が来るまで少しのんびりしようかなーとか思います。
読めてない小説も溜まっていますし。ベースも楽しいし。弦切れちったけどね。。
深夜にマイリス回りながらずっと弾いてます。しかし曲作れるって本当に凄いなあ。。

そうそう、サンドレイターを聴いているとふと一冊、
大量の本が埋まる我が家の本棚から見たくなった本がありました。

植田正治の写真集です。

モノクロ写真で砂丘の風景を写したシリーズが有名なんですが
その砂丘の風景がちょっと自分にも馴染みがあったもので。
時折そのだだっ広い砂丘の風景と風の中に埋もれたくなります。
小さい頃から色んな土地を渡り歩いてきた自分にとって
何年たっても変わらない風景というものにどこか安心できるのかもしれません。

この写真集、構図デザインともに素晴らしく言葉では収まらないものがあるので
またもその世界の中へと行ってしまいたくなりますが
私がずっと探している写真はどうやらこの本には入っていないようで・・。
どこで見たのかどの写真集に入っているのかいないのかもわからないのですが
構図もはっきりと思い出せないその残像を今でもずっと探しています。
それを見た時の感情にもう一度触れたいのだけど・・きっとむずかしいね。

どこか懐かしく優しい視点の写真がたくさんあるので
もし書店で出会ったらぜひ一度立ち読みでも。。結構お勧めです。


[ 2010.04.23 | 雑記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]

秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。