上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
5.jpg


「やあ、また来たの」

「ここに君の望むものはあったかい?」



スポンサーサイト
[ 2011.11.30 | 雑記 | | PageTop↑ ]
私は仕事で人に触れるのですが、
時折、あれっ。人ってこうだったっけ???
と、びっくりする事がよくあります。

または、うちのわんこを触っていると、
あれっ。なぜ人じゃないの???
と、なったり。

時折それは人の”それ”にしか感じなくなります。

木に触れても
空を見上げても
風に吹かれても

私は”それ”に、あまり違和感や違いを感じません。
私という主観を通してだからでしょうか。

そこには大きな意識があって
きっと同じものなんだと思います。

それがこの星の鼓動なのかもしれません。
時折、人の方がそれを忘れがちになるのかもしれません。


同僚の小さな息子さんが言った一言。


「お母さん、この世はつらいよね。
だから僕はいっぱい笑って過ごすんだ。」


ああホント。。その通りだよね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。